お亀楽 !Garden Life

ナチュラルガーデンで生活する‘おきらく’なカメたちの飼育日誌&ガーデンや趣味のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

未完成な小屋ついに完成

天井の配線は色々考えたのですが温球を付けるソケットをやはり付ける事にしました。冬の1番寒い時での小屋の室内温度が暖突だけでまかえなくなった時に温球のW数を上げて調整しようと思います。
20071021173752.jpg

理想を言えば暖突だけで温度が保てれば最高なんですがこればかりは冬になるまで分りません。断熱材がどの程度温度の拡散を止めてくれるか?来年の2月が楽しみです。
20071018040031.jpg

20071021174454.jpg

そんなわけで小屋の後を電気ノコギリで少しづつカットし配線の出入り口を確保、ここから暖突2台分と温球の配線を出し蓋をし箱物はほぼ完成です。
20071021175808.jpg

20071021180932.jpg

20071021181433.jpg

この後は入り口に移ります。ここは少し一工夫で熱が漏れないようにビニールのカーテンを貼ってみました。よく冷凍庫の冷房が逃げないようにする逆バージョンです。その後は扉にを付け完成です。写真でもお分かりのように夕方になり雨が降ってきたので全体図は後日ご報告します。
スポンサーサイト

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

  1. 2007/10/15(月) 18:10:22|
  2. 小屋造り
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4
<<ホシガメの産卵 | ホーム | 未完成な小屋その4>>

コメント

小屋作りました!

最近亀山社中で書き込みあまり見かけませんが、お忙しのでしょうね。最近斬九郎さんの小屋を参考にして私も保温小屋作りました。結構暖かいです。ビニールハウスとくっつけました。まだ昼間は外で飼えますがこれから先は保温器具を増やさないと無理そうです。小屋の作り方とか紹介してもらって助かりました。ありがとうございました。
  1. 2007/12/01(土) 07:24:39 |
  2. URL |
  3. くう #-
  4. [ 編集]

くう さん

新しい小屋は断熱性が高く2つだんとつと付けましたが1つで十分かもしれません。もう1つは取り外してケヅメの小屋に付け替えようかと思います。
  1. 2007/12/09(日) 21:24:59 |
  2. URL |
  3. 斬九郎 #-
  4. [ 編集]

説明不足でした。斬九郎さんをまねして作った保温小屋は保温性が高く、暖突Lで十分暖かいです。保温器具を増やさなくちゃ無理そうなのは隣接のビニールハウスの方です。冬は陽がカメ小屋に届かないので思ったより温度があがりません(涙)暖突Lとバスキングライトと紫外線ライトを入れて11月の下旬気温が14度の時ビニールハウス中の温度は25度くらいでした。今年はこれ以上設備投資は無理なのでカメ達は部屋飼いしています。
ブログ結構参考にしています^^。
  1. 2007/12/11(火) 07:05:00 |
  2. URL |
  3. くう #-
  4. [ 編集]

くうさん

実はだんとつを2つ付けたのですが、嬉しい悲鳴で断熱が利き過ぎて1つで十分でした。
来年はその一つを弁慶の小屋へ回そうと思います
  1. 2007/12/18(火) 17:32:19 |
  2. URL |
  3. 斬九郎 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kame11.blog119.fc2.com/tb.php/19-e4620376
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
  1. 2012/11/21(水) 19:17:08 |

プロフィール

斬九郎

Author:斬九郎
1997年よりリクガメ飼育に目覚め1999年より独学で当時はまだ少数派であった「屋外飼育」開始現在に至る。
「太陽光と広いスペースの重要性をリクガメ飼育者に知って頂きたい」と言う気持ちでブログを始めました。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。